車検の基礎知識


車検の基礎知識

車検とは正確には「継続検査」と言い、車両が国が定める道路運搬車輌法の「道路運送車両の保安基準」に適合しているかどうかを調べるものです。 全車両に検査が義務付けられており、車両を走行させるためにはこの検査に合格した証である自動車検査証の交付が不可欠なのです。
内容としては「検査」「自賠責保険の加入」「重量税の支払い」「点検」「整備」です。その車輌が安全であるか、 排気ガスの量が基準値内かなどを検査するだけでなく、自賠責や重量税にかかる支払いも同時に済ませます。 車検は一定の期間ごとに受けることが義務付けられています。車検証に記載されている有効期間の満了する日までに完了させなければなりません。 車両によって検査を受ける時期は異なりますが、自家用乗用車や軽自動車の場合、新車の場合は3年後、2回目からは2年ごとの検査となります。 8トン未満の貨物自動車や小型二輪自動車は新車の場合は2年後、2回目からは毎年受けなければなりません。8トン以上の貨物自動車やバス、 タクシーは新車でも1年ごとの検査が義務付けられています。 車検を受けずに車両を走行させた場合、道路運送車両法により、罰金6点、さらに6ヶ月以下の懲役又は20万円以下の罰金が課せられます。
[注目サイト]
車検切れの車を売却する際はこちらの一括査定サイトが便利です・・・車買取 一括査定



ページTOPへ